featured / history · 2022年5月18日

ポータルサイトの終焉

まもなく24周年を迎えるグリッドフレームの営業の歴史を見ると、そのまま社会の変化に一致しているのがわかる。

1998年6月に起業。最初は暗中模索で、営業活動は2000年からといってもいい。自作のウェブサイトをつくり、SEO順位を上げる努力をしながら、一方で既存店に飛び込み営業を繰り返す。アパレル店に反響があり、オリジナル什器製作を始める。web1.0の時代。

2003年 原宿のアパレルSEXPOTのセンター什器

2007年くらいから、GoogleとYahooのPPC広告を使用。月間平均50万円をつぎ込むが、アクセスの割に自分たちにあった仕事がなかなか来ない。本質的な仕事は、広告経由では来づらいことを知る。

2007年 本質的な仕事をさせていただいたひとつ 赤坂A.D.M.J

2010年。ウェブサイトは飽和状態に。世の中は、web2.0の時代へ。もはやSEOで競っても、上位表示されない時代が来た。プラットフォームになり得たポータルサイトにアクセスが集中する。

2010年頃 空き時間はGRIDFRAME墨田工場で試行錯誤(山崎雅人制作)

2013年、思い切ってPPCを止める。ウェブサイトの原型を初めて外の会社につくってもらい、SNS広告を開始。月間平均5万円ほどに予算縮小。そして、ポータルサイトに登録。

しかし、ポータルサイトはその業界の本質を理解していない場合が多い。きっとポータルサイトが浅薄であれば浅薄であるほど、どんな会社も横並びに表示されるため、経験の少ない会社も登録しやすい。この構造によって登録数は増大し、ポータルサイトの収益は上がる。当然、実力で勝負したい会社のメリットは薄まっていく。元々そんな構造をしている。

だから、ポータルサイトは登録企業を育てることができない。きっと、どの分野も同じで、日本の国力は落ちる一方だ。

時代に抗う心は、本当につくりたい空間への探求に向かう。学生の頃からずっと追い求めてきたモノをここでカタチにした。それがSOTOCHIKUだ。

千葉・金谷港で釣りに行っていた佐治仁之が見つけたSOTOCHIKU 佐谷恭さんへの連絡のきっかけになった1枚

そこにweb3.0の時代が到来した。秩序形成を任せる相手をぼくらは失うと言われている。それに伴い、近い将来、ポータルサイトは力を失うだろう。ぼくはこれを、不特定多数に対して行う営業活動の終焉だと思っている。

会社の本質に向き合い、共感しあえる相手を探して自ら直接的に伝える。

人間本来のコミュニケーションに戻ればいい。ただ、それだけ。

SOTOCHIKU素材でつくったパクチー銀行のカフェカウンターでくつろぐ佐谷恭さんとその仲間たち
Wordpress Social Share Plugin powered by Ultimatelysocial