concept · 2022年5月5日

光と闇の空間へ・・・

元々、ピアノが置かれていたであろうこの場所は、音楽にあふれていただろう

音は石の壁と共鳴して、空間全体が歌っていただろう

ピアノは空間の中心で光を浴びて浮かび上がり、

周囲は暗闇の中で耳を澄ます

暗闇は見えにくいからこそ質感が強調され、

手ざわりによって本物を知ることができる

①鋸山の土を混ぜ込んだ白漆喰の大壁

②保田の海風を受けて朽ちた塗装鉄板

③30年以上、保田駅前の建物の裏側で庇を支えていた木柱

④そして、鋸南町で半世紀以上の時を過ごした納屋の土壁

これらが、この場所へ移され、静かに耳を澄ます

Wordpress Social Share Plugin powered by Ultimatelysocial