吹きガラス工房の窯から出した壺の底


吹きガラス工房の窯から出した壺の底に、凝固したガラスが溜まっています。

釜を冷やすときに、急ぐとガラスにひびが入って、こんな姿になります。

3年半、絶やさなかった火の最後の仕事とも言えます。